女性が包茎をどのように思っているか、大変気になります。

男性としてはとても気になるものかもしれませんが、女性が包茎で気にするのは「臭い」だけ。

「女性から見た包茎」

■女性の意識

女性が包茎をどのように思っているか、大変気になります。クリニックの調査によると、50%以上の女性が包茎を臭いと「思って」います。しかし、実際にパートナーの陰茎が臭いと思った女性は約30%に過ぎません。 つまり、多くの女性は包茎が臭いというイメージを持っていますが、実際はあまり臭いと思っていないのが実態なのです。 包茎について、詳しい知識を持っている女性はあまりいません。実体験をする以前に雑誌や広告で見たイメージが先行してしまいます。実際、日本では男性の8割近くが包茎です。包茎は真性包茎から軽度の仮性包茎まで程度にも差があるので、女性に正しく理解してもらうのは難しい面があります。

■臭いの対策

では、臭い包茎と臭くない包茎の差はどこで生まれるのでしょうか。それは「清潔か不衛生か」の差です。包茎であっても、毎日しっかりとケアをしていれば臭いを防ぐことができます。 具体的には包皮と亀頭の間にたまっている恥垢(ちこう)を取り除くことです。恥垢は尿や精液のカスが乾燥して固まったアカで、チーズのようなきつい悪臭を放ちます。

包茎は、亀頭が包皮に覆われているため、恥垢が包皮内にたまりやすくなります。特に、亀頭のクビレや陰茎の裏スジにこびりつきやすくなります。 従って、入浴の際などにしっかりと包皮をむいて、亀頭のすみずみまで丁寧に洗う必要があります。ただし、包皮を下までむくことのできない真性包茎の場合は注意が必要です。包皮が元に戻らず、陰茎にくいこんでカントン包茎になり、緊急手術になることもあります。

「包茎との付き合い方」

■以上のように、包茎であっても清潔な状態を保っていれば

性行為のときに女性に不快な思いをさせることはありません。包茎に対するマイナスイメージが先行しているといえます。しかし、包茎の男性にとっては、「包茎は臭いと思っている」女性が半分以上いるのは切実な問題です。包茎を改善できれば、パートナーとの出会いや、気持ちの良い性行為にも自信が持てます。包茎手術は自分に自信をつける一つの方法です。 包茎手術は日帰りでおこなうことができ、抜糸を除いて通院の必要はありません。自然に溶ける糸で手術した場合は抜糸の必要もなくなります。

費用はクリニックによって異なりますが、10万円前後で手術を受けられます。真性包茎は、泌尿器科の保険適用手術を数万円程度で受けることができます。 包茎手術専門クリニックでは無料相談窓口を設けています。まずは精神的なケアも含めて、専門医に相談することが大切です。

「不妊治療なら中央クリニック」

■勃起障害の原因

勃起障害(ED)には大きく分けて「心因性(機能性)ED」、「器質性ED」、「混合型ED」、「薬剤性ED」があります。 一般に年齢別に見た場合、若齢より老齢の方が、性行為自体の頻度は少なくなります。また、精巣にも若干の萎縮が認められ、海綿体平滑筋の充分な弛緩も十分でなくなります。つまり、加齢とともに、性器の器質的な問題でED(器質性ED)が進みます。

精神的な原因によって、高齢者がED(心因性ED)を発症する例として多く挙げられるのは、パートナーの問題です。中高年層になると、性的パートナーが更年期を過ぎて女性ホルモンが低下し、性欲が低下したり、膣分泌液が不足したりすることがあります。このような状態になると、パートナーが性交を苦痛に感じる、拒否するといった状況が起こります。そして、このことがきっかけとなってEDを発症してしまうこともあります。

「女性の見方」

■セックスレスがEDの大きな原因の一つです。

セックスがマンネリ化してパートナーにだけ勃起しないという心因的原因もあります。原因は一人ひとり異なってきます。まずは、勃起不全の原因が何なのかを知ることが第一ステップです。 男性のプライドは女性が思っているよりも高いです。特に、性器官に関してパートナーから指摘されるのは男性にとって屈辱的です。心因性EDは初めての性交の際の失敗や、パートナーからの精力に対する否定的な発言(役立たず)など、性的な自信を失うような経験から引き起こされます。

こういった、パートナーからの発言が負担となり、心因性EDが悪化することもあります。それをしっかり理解しておかないと会話のすれ違いや、険悪なムードを招くことになります。 女性の場合は「更年期障害」との診断が一般的ですので、前向きに治療を考えることができます。一方、男性の場合は「EDかも」とパートナーに言われてから、泌尿器科へ診断に行くのは難しいことです。

EDの男性の数だけ、悩んでいるパートナーがいるという現状があります。まずは、勃起不全の原因をゆっくり考えることが大切です。男性が気付かないだけで実は「原因はパートナー」という事態もあります。 自分自身の状況を素直に受け止め、パートナーとよく話し合うことで、解決できることもあります。

■対処方法

ED専門の医療機関では、医学的な治療だけでなく、カウセリングによる精神的なケアも行っています。また、EDは不妊の原因ともなります。従って、男女双方が不妊原因や治療法についても知っておく必要があります。また、サポートとして、治療の内容をわかりやすく解説する「不妊学級」を定期的に実施している医療機関もあります。
中央クリニック