EDを放置することは、生活習慣病を放置することでもあり、早急な改善が必要となります。

男性自身だけの問題では無いことを認識することも大切です。

「勃起障害の放置」

■勃起障害の原因

勃起障害(ED)の原因はいくつかに分けられます。主に「器質性ED」、「心因性(機能性)ED」、器質性EDと心因性EDが絡み合って起こる「混合型ED」、「薬剤性ED」に分けられます。 器質性EDは血管や神経の障害、陰茎の外傷などで身体的に勃起自体が困難になる症状です。原因として、心臓や血管の病気、高血圧症、糖尿病などのほか、うつ病や抗うつ薬の副作用などが考えられます。 心因性EDは自慰では勃起するものの、パートナーを前にするとうまく勃起できない症状です。

原因として、子作りへのプレッシャーや家庭内でのストレス、過去のセックスの失敗体験など精神的要素が考えられます。 混合型EDは、器質性EDと心因性EDの様々な要因が重なって起こります。 薬剤性EDは、循環器系薬剤や一部の抗うつ剤が原因となって起こります。 他には、生活習慣病が大きく影響してきます。

「症状の放置」

■以上の症状は、ED治療薬で十分に改善することが可能です。

しかし、ED治療薬の効果は、あくまで陰茎への血流を改善するためのものです。 陰茎内部には、海綿体というスポンジ状の組織があります。海綿体は性的刺激などを受けると、自律神経の働きで内部の動脈が拡がり、多量の血液が送り込まれて、スポンジが膨らむように膨脹が始まります。 しかし、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を放置していると、スムーズに勃起が起こらなくなります。

特に、高血圧症は主として動脈硬化を悪化させ循環障害をきたす血管の障害が中心となります。血管がストレスで損傷を受け硬くなったり狭まったりすることで、陰茎への血流が抑えられます。その結果、勃起に障害が発生します。 また、降圧剤による副作用もEDの原因となります。降圧剤はもともと血圧を下げる薬ですが、その副作用が悪く作用すると勃起不全につながります また、糖尿病で血管障害や神経障害があると、この一連の現象がスムーズに起こらず、全く勃起しない、起勃しても硬さが十分でない、起勃が長く続かない、などの症状が現れます。

健康な男性でも高齢になるにつれ血管障害、神経障害が進み、少しずつ勃起能力が衰えてきます。しかし、糖尿病では障害のスピードが加速され、高頻度に高いレベルの勃起機能低下が起きてしまうのです。 従って、EDを放置することは、生活習慣病を放置することでもあり、早急な改善が必要となります。逆に言えば、生活習慣の見直しがEDの治療にもつながります。 また、EDを放置していると、パートナーとの良好な関係を築くことが難しくなってきます。男性自身だけの問題では無いことを認識することも大切です。

「勃起障害は自分で治せるか」

■勃起障害の原因

勃起障害(ED)の原因はいくつかに分けられます。主に「器質性ED」、「心因性(機能性)ED」、器質性EDと心因性EDが絡み合って起こる「混合型ED」、「薬剤性ED」に分けられます。 器質性EDは血管や神経の障害、陰茎の外傷などで身体的に勃起自体が困難になる症状です。原因として、心臓や血管の病気、高血圧症、糖尿病などのほか、うつ病や抗うつ薬の副作用などが考えられます。 心因性EDは自慰では勃起するものの、パートナーを前にするとうまく勃起できない症状です。原因として、子作りへのプレッシャーや家庭内でのストレス、過去のセックスの失敗体験など精神的要素が考えられます。

■自己流での対応

EDの治療には一般的にED治療薬が用いられます。ED治療薬の目的は、器質的な問題の解決です。具体的には、陰茎海綿体への血液の流入を改善します。性的な情報は脳から脊髄を通って、陰茎への血流を生み出します。ED治療薬は、あくまで最後の血流の部分に作用する薬です。また、ED治療薬は血圧を下げる効果もあり、高血圧の降圧薬と併用すると危険です。従って、医師に相談せず、自分の判断で服用することは大変危険です。 代表的なED治療薬にバイアグラがあります。バイアグラには多数のコピー薬品があります。バイアグラのコピー薬品は、インターネットなどで個人購入できますが、その成分については保証されません。また、形や色も正規のバイアグラと非常に似ており、見分けが難しくなっています。

例えば、インドでは多くのコピー薬品が作られ正規の薬品よりも安価で販売されています。バイアグラのコピー品は、インターネットなどで個人購入できますが、その成分については保証されません。また、形や色も正規のバイアグラと非常に似ており、見分けが難しくなっています。 また、「正規のバイアグラ」として販売されていても、中身が本物であるとは限りません。医薬品成分の含有量にばらつきがあったり、全く含有していないものがあったりします。自己責任と割り切って、個人購入する選択もありますが、非常に危険な行為であることを十分に認識する必要があります。最悪の場合、重篤な健康被害や死亡に至ることもあります。自己判断せず、専門医の指導のもとで服用することが必要です。

「自分で出来ること」

■EDの原因には生活習慣が大きく関わっており

薬による治療だけでは不十分です。不規則な生活、食事、飲酒、喫煙、運動不足なども影響しています。また、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病はEDに大きな原因となります。EDの治療のために、まずは自分自身の生活習慣を改善することが必要です。
中央クリニック