まずは膀胱がんにならないことが重要です。膀胱がんの大きな原因の一つが喫煙です。

生活習慣の見直しや食生活をバランスよく整えることが、健康への第一歩です。

「勃起障害と膀胱がん」

■膀胱がん

腎臓でつくられた尿は尿管を通り、膀胱に入ります。膀胱はこの尿を一時的にためておくための器官です。膀胱は柔らかく尿がたまるにつれ袋状にふくらむことができます。 日本における膀胱がんの発生件数は年間1万8千人程度で、毎年約6千人が亡くなり、泌尿器系の中では最も多いがんです。罹患する年齢は40~50才以上が多く、男性に多く発症しています。膀胱がんは比較的予後が良く、膀胱がんの5年生存率は60~80%ですが、膀胱がんは膀胱内に再発しやすいという特徴があり、定期的な検診が必要です。

なお、膀胱がんの原因ははっきりとはわかっていません。しかし、統計的に以下の要因で発がんリスクが高いとみられています。年齢が高くなるほど,発症率が増加し,40才以下で発症することはまれです。また,男性は女性の3~4倍,喫煙者は非喫煙者の2~3倍の発症率です。 膀胱がんのごく初期は無症状ですが、そのうち痛みをともなわない血尿が見られます。膀胱がんの血尿には排尿痛がともなわないことが普通です。症状が進むと尿が出にくい、尿意があっても排尿できない、残尿感がある、排尿回数が増えるなどの排尿障害が見られます。

「勃起障害と膀胱がん」

■勃起障害(ED)を引きこす可能性のある膀胱がんの手術には

膀胱全摘出手術があります。これは、勃起をコントロールする神経に損傷を与える可能性があります。そのため、神経の損傷によって、勃起機能は弱まったり、完全に無くなってしまったりします。 手術の後に、十分な勃起が可能になるまで、回復する人もいます。しかし、そうなるまでに2~4年以上の長期間がかかる場合があります。さらに、十分に勃起を回復できる人と、そうでない人の差が出る理由は、まだ分っていません。 なお、ED治療薬に関しては、勃起神経を温存した場合は効果がありますが、神経を完全に除去してしまった場合、ほとんど効果は望めなくなります。一般に、年齢が若ければ若いほど、術後の勃起機能回復の確率は高まります。 なお、勃起神経の温存手術をした場合、50歳代では75%、70歳以上では25%の人が回復したというデータがあります。こうした回復の可能性は、年齢の上昇や糖尿病の発症によって低下します。

■治療について

まずは膀胱がんにならないことが重要です。膀胱がんの大きな原因の一つが喫煙です。これはEDそのものにも悪影響を与えます。喫煙によって血管が収縮するため、陰茎への血流が不十分になります。ED治療薬は血流を改善する効果がありますが、喫煙はその効果を妨げてしまいます。膀胱がんとED予防のために、禁煙することが重要です。

「勃起障害の原因と薬」

■勃起障害の原因

勃起障害(ED)の原因はいくつかに分けられます。主に「器質性ED」、「心因性(機能性)ED」、器質性EDと心因性EDが絡み合って起こる「混合型ED」、「薬剤性ED」に分けられます。 器質性EDは血管や神経の障害、陰茎の外傷などで身体的に勃起自体が困難になる症状です。原因として、心臓や血管の病気、高血圧症、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺などのほか、うつ病や抗うつ薬の副作用などが考えられます。

心因性EDは自慰では勃起するものの、パートナーを前にするとうまく勃起できない症状です。原因として、子作りへのプレッシャーや家庭内でのストレス、過去のセックスの失敗体験など精神的要素が考えられます。 混合型EDは、器質性EDと心因性EDの様々な要因が重なって起こります。 薬剤性EDは、循環器系薬剤や一部の抗うつ剤が原因となって起こります。 他には、生活習慣病が大きく影響してきます。

「勃起障害の薬」

■EDの治療には一般的にED治療薬が用いられます。

ED治療薬の目的は、器質的な問題の解決です。具体的には、陰茎海綿体への血液の流入を改善します。性的な情報は脳から脊髄を通って、陰茎への血流を生み出します。ED治療薬は、あくまで最後の血流の部分に作用する薬です。従って、催淫効果のある薬ではないことを理解しておく必要があります。 また、ED治療薬は血圧を下げる効果もあり、高血圧の降圧薬と併用すると危険です。必ず、専門医の指導のもとで、治療・服用の必要があります。  ED治療薬を服用するにあたっては、必ず服用できるかどうかを医師に確認してもらうようにしなければなりません。

心臓の病気などで硝酸剤(ニトログリセリン)を使用していたり、排尿障害や血圧の薬など服用していたりする場合はED治療薬を服用することができません。 医師に相談せず、自分の判断で服用することは大変危険です。最近は、EDの診察に配慮している医療機関も増えてきています。ED治療薬の服用を希望する場合には必ず医師に相談してください。また、治療にかかる費用は全額自己負担となります。治療方法の選択や方針についても確認することが大切です。 なお、EDの原因には生活習慣が大きく関わっており、薬による治療だけでは不十分です。特に、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病はEDに大きな原因となります。従って、不規則な生活、食事、飲酒、喫煙、運動不足などがEDに影響してきます。まずは、自分自身の生活習慣を改善することがED治療には重要です。
中央クリニック